アース製薬

アース製薬のCSR

CSR方針

アース製薬は2016年にCSR方針を策定しました。
策定にあたっては、事業を推進する各部署の代表メンバーが集まり、CSRを浸透させるために必要な要素や、言葉、アースグループらしさを尊重しながら議論を重ねました。この方針をもとに、持続可能な事業の実現に向けた取り組みを推進していくことを社内外に示していきます。

CSR方針

アース製薬(グループ)は、安全で快適な暮らしの提供を通じた自社と社会のサステナビリティの実現に向けて、あらゆるステークホルダーの立場や目線を尊重し、積極的に対話を行いながら、全社員が参画して真摯に取り組みます。

CSR推進体制

CSR推進体制図

当社は、CSR方針のもと、環境、社会、ガバナンスの3分野を俯瞰し、CSR活動を効果的かつ円滑に推進していくため、「CSR推進委員会」をはじめとしたCSR推進体制を構築しました。
CSR推進委員会では、CSR担当役員を委員長として、中核主題に関連する各部門から選任された委員が一堂に会し、CSR活動計画やCSR目標を策定しています。また、コンプライアンス委員会、環境保全委員会などCSR活動に密接に関連する各委員会と連携するとともに、部門横断的に活動することで、CSRに関する活動内容の共有を図り、活動計画や目標のモニタリングを行っています。

アース製薬をとりまくステークホルダー

アース製薬のステークホルダー

当社は、「お客様」「サプライヤー」「社員」「地域社会」「株主・投資家」など、さまざまなステークホルダーの皆様に支えられて事業活動を行っています。当社に関わる皆様の幸せの一助となれるよう、“アースポリシー”に示すお客様目線を第一とした誠実なものづくりに努め、また、皆様から将来にわたり信頼される企業として事業を継続していくため、各ステークホルダーの要望にかなうコミュニケーションを進めています。
今後も、これらの活動を地道に続け、ステークホルダーとの信頼関係を一層強固にし、社会とともに発展することを目指していきます。

アース製薬のCSR取り組みの全体像

※2本の指でタッチパネルを外に押し広げると画像を拡大できます。

ステークホルダーとCSR取り組みの対応表

お客様 お客様目線、開発、品質管理
社会に配慮した開発お客様目線の取り組み
サプライヤー CSR調達、人権
調達における取り組み
社員 人権、労働安全衛生、人材育成
社員とともに
地域社会 社会との共生、環境
地域との共生環境マネジメント環境負荷の低減環境に配慮した製品の開発
株主・投資家 ガバナンス
コーポレート・ガバナンスリスクマネジメントコンプライアンス

SDGsに向けた取り組み

「持続可能な開発目標(SDGs*)」は、2015年9月、「国連持続可能な開発サミット」において、貧困や飢餓、エネルギー、気候変動、平和的社会などの課題に取り組むために2030年までに達成すべき目標として掲げられたものです。
17の目標と169のターゲットからなり、193カ国が署名した国際的な政策目標です。当社でも、今後目指すゴールを定め、ステークホルダーと協力しながら、これらの目標達成に向けた事業活動を積極的に推進していきます。
*SDGs:Sustainable Development Goals

ページトップへ